読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーマイバー!! ~プロ野球を愛するアラカンおじさんのブログ~

ナゴヤドームの近くに住む巨人ファンのアラカンおじさんが“オーマイガー!!”と言ってしまいそうなプレーに注目

フリーエージェント宣言選手が公示されました。

 

昨日、フリーエージェント宣言選手が日本野球機構から公示されました。

国内移籍のみ可能な「国内FA」を行使したのは下記の4選手、 そして国内外移籍が可

能な「海外FA」を行使したのは下記の2選手です。

 ※国内FA 

  ●陽 岱鋼選手(日本ハム

  ●森福 允彦投手(ソフトバンク

  ●糸井 嘉男選手(オリックス

  ●山口 俊投手(DeNA)

 ※海外FA

  ●岸 孝之投手(西武)

  ●栗山 巧選手(西武)

そのうち、栗山巧選手は海外FA権を行使した上で残留するため、今日からの契約交渉

が可能な選手は5選手となります。

 

そして、既に各球団で契約交渉の動きがあるようなので、まとめてみます。

 ◆巨人

  山口森福両投手との接触を開始。解禁初日に2選手とのFA交渉は異例だが、

  両者への同等の誠意を示すために解禁日一番乗りで交渉のテーブルに臨む姿勢。

  山口投手には3年総額6億森福投手には2年総額4億円を提示する模様。

 阪神

  糸井選手と11日午後に大阪市内のホテルで交渉すると発表。球団側はオリック

  スの4年総額18億円(推定)に匹敵する条件に、西岡選手がつける背番号7を

  提示する方針。

 楽天

  11日に仙台市出身の岸投手と都内で初交渉に臨む。4年総額20億円の好条件を

  提示する模様。

 オリックス

  陽岱鋼選手3年を基本線とした大型契約を準備、陽選手が台湾に戻っている

  ため交渉は今後代理人を通じて行っていくことになりそう。

 

現時点では4球団に契約交渉の動きがありますが、新たな球団が参戦してくるのか、

それとも交渉の末、現球団に残留するのか、当分は目が離せない日が続きます。

 

では、今日はこれにて失礼します。

 

LINEスタンプ「オーマイバー!!」販売中! 

http://line.me/S/sticker/1303920