読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

❝巨人❞を愛するアラカンおじさんのブログ

ナゴヤドームの近くに住む巨人ファンが3年ぶりの優勝を願ってブログを再出発します。

ファン感謝デーが終了し、主力選手の契約更改始まる。

 

11/23の勤労感謝の日」にプロ野球12球団のうち9球団でファン感謝デーが開催され

ましたが、その後は主力選手の契約更改が本格化しています。

 

私が応援する巨人も翌日の11/24に主力10選手の契約更改がありました。

10選手の契約更改は以下のとおりです。

 ※大竹投手 1億円から3000万円ダウンの7000万円

 ※内海投手 4億円から2億円ダウンの2億円

 ※山口投手 3年契約の3年目のため現状維持の3億2000万円

 ※阿部選手 3億2600万円から6600万円ダウンの2億6000万円

 ※相川選手 5500万円から1000万円ダウンの4500万円

 ※実松選手 現状維持の3700万円

 ※脇谷選手 2400万円から240万円ダウンの2160万円

 ※坂本選手 2億5000万円から1億円アップの3億5000万円

 ※片岡選手 8600万円から2600万円ダウンの6000万円 

 ※亀井選手 7000万円から2000万円ダウンの5000万円    

 

やはり、今年の巨人の契約更改で金額面で最もアップ額が高いのは首位打者に加え、最

出塁率のタイトルも獲得し、さらに ゴールデングラブ賞ベストナインをW受賞した

坂本選手だと思っていましたが、1億円アップとはすごいですよね。

年収400万円のサラリーマンの25年分が来年1年間でアップする訳ですから、それなり

に税金を払わなければいけないとは言え、うらやましい限りです。

 

ただ、坂本選手が投手として少年野球チーム「昆陽里タイガース」でバッテリーを組ん

でいた捕手の田中将大投手ヤンキースと7年1億5500万ドル(約 161億円)で契約し

ており、年俸約23億円と比較すると20億円弱の開きがあることに驚いてしまいます。

 

どちらにしても、毎日スーパーに夕方以降に行って食料品売場で値引き商品を買う私に

とっては別世界の出来事です。

 

では、今日はこれにて失礼します。
 
LINEスタンプ「オーマイバー!!」販売中!