読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーマイバー!! ~プロ野球を愛するアラカンおじさんのブログ~

ナゴヤドームの近くに住む巨人ファンのアラカンおじさんが“オーマイガー!!”と言ってしまいそうなプレーに注目

今日紹介するLINEスタンプは『貧打線』と『クサイのカット』

 

今日も『LINE Creators Market』で現在販売しているLINEスタンプ『オーマイバ

ー!!』(http://line.me/S/sticker/1303920)のスタンプ画像40枚のうち2画像を紹介

させていただきます。

 

まずは『貧打線』を紹介します。

貧打線』とは簡単に言えば、打撃力が弱く、全く打てない打線のことです。

            f:id:sugisugitan:20160827123147p:plain

そこで、昨年のプロ野球両リーグのチーム打率を調べてみました。

パリークはDH制のためセリーグより打率は高く、6球団全てが.250以上でした。

それに対して、セリーグは広島を除く5球団が.245~.256という中で広島は0.272、パ

リーグの6球団を含めても最高のチーム打率でした。

昨年の広島は『貧打線』ではなく『強力打線』でセリーグを制したようです。

ちなみに、チーム打率のみで判断した『貧打線』球団は、打率が.245、得点圏打率

.239の中日でした。

確かに、ナゴヤドームから徒歩3分のところに住んでいる我家に快音は届かなかった

ような気がします。

 

次は『クサイのカット』を紹介します。

クサイのカット』とは投球がストライクかボールかわかりにくい、微妙なコースの球

は見逃さずに、バットに当ててファウルにすることです。        

           f:id:sugisugitan:20160916133943p:plain

実際には2ストライクに追い込まれてから、ストライクくさいボールをそのまま見送っ

た場合にストライクと判定されると三振になってしまうため、そのボールをファールに

して打ちやすいボールが来るのを待つために行なう行為です。

そこで、一打席当たりの被投球数が最も多い選手を『クサイのカット』が得意な選手と

勝手に決めつけ、昨年の規定打席到達者の『被投球数÷打席数』を調べたところ、セリ

ーグはヤクルトの山田哲人選手の4.39球、パリーグ日本ハム中島卓也選手の4.53球

が最多でした。

昨年に限れば、投手にとっては中島卓也選手がクサイのカット得意な嫌らしい打

者と言えるのではないでしょうか。

 

では、今日はこれにて失礼します。

 
LINEスタンプ「オーマイバー!!」販売中!