❝巨人❞を愛するアラカンおじさんのブログ

ナゴヤドームの近くに住む巨人ファンが3年ぶりの優勝を願ってブログを再出発します。

残り試合から考えるセリーグ2~4位争い

 

巨人は9/16からの5連戦を残念ながら2勝3敗と負け越し、DeNAとのゲーム差は

0ながら勝率で僅かに下回り4位となっています。

そして、2位阪神を巨人・DeNAが5ゲーム差で追う展開となっています。

 

当然、残りの試合も少なくなり、2位は阪神が有利であることは間違いないのですが、

それぞれの対戦相手を見てみると決して阪神も油断できません。

 

9/20の試合開始前の球団別残り試合は、

   f:id:sugisugitan:20170921161526j:plain

上記のようになっていますが、最も気になるのが阪神とDeNAが5試合を残している

ということです。

 

巨人が3位狙いであれば阪神がDeNAに大きく勝ち越すことで、直接対決が終了して

いるDeNAの負け数を増やしてほしいと思うのですが、まだ2位の可能性がある限り

阪神がDeNAに大きく負け越し、巨人も阪神との残り2試合に勝利すれば三つ巴の

面白い展開になることも考えられます。

 

そこで、阪神が仮に巨人に0勝2敗、DeNAに1勝4敗、残りの4試合を2勝2敗

いう成績で終了したとすると74勝66敗3分、勝率.5286となります。

 

では、巨人が阪神に追いつくには残り9試合を7勝2敗とし、阪神74勝66敗3分

の同率になることです。

前回の記事でも述べましたが、セリーグで同率球団が2球団以上の場合は以下の順で決

まります。 

  1.球団の中で勝利数が多い球団を上位とする。

  2.シーズン中の当該球団における対戦勝率が高い球団を上位とする。

  3.前年度の順位が上の球団を上位とする。

1の勝利数は74勝で同数ですから、2の当該球団における対戦勝率では既に勝ち超し

ている巨人が上位となります。

 

次にDeNAですが、巨人と阪神を上回るためには阪神に4勝1敗と勝ち越し、残り5

試合を4勝1敗とすると74勝65敗4分、勝率.5324となり2位となります。

 

阪神が残り11試合を3勝8敗と大きく負け越したとしても、巨人は7勝2敗DeNA

は8勝2敗が必要となりますので、阪神との直接対決が2球団で7試合あるとはいえ、

やはり阪神が有利です。

 

ただ阪神が2位を死守した場合、クライマックスシリーズのことを考えると3位が巨

なのかDeNAなのかが非常に気になると思います。

今シーズンの対戦成績をみると、阪神はDeNAに13勝7敗と分が良いのですが、

人には8勝13敗2分と分が悪いため、3位はDeNAになって欲しいはずです。

 

DeNAとの5試合を大きく勝ち越して2位死守となった場合、巨人が3位になる可能

性が高くなりますし、大きく負け越せば2位も危うくなり、3球団での三つ巴の可能性

が出てきます。

 

ということは、セリーグの2~4位争いは阪神の戦い方がカギとなってくるようです。

 

では、今日はこれにて失礼します。

 

※LINEスタンプ表情豊かな野球のバットのスタンプ

 http://line.me/S/sticker/1439404

※LINEスタンプオーマイバー!!

  http://line.me/S/sticker/1303920