❝巨人❞を愛するアラカンおじさんのブログ

ナゴヤドームの近くに住む巨人ファンが3年ぶりの優勝を願ってブログを再出発します。

WBC侍ジャパン投手の伸びのある速球が外国人選手に通用!

 

昨日、WBCはアメリカの優勝で幕を閉じました。

侍ジャパンは残念ながら準決勝でアメリカに1-2で敗れ、2大会続けて準決勝で姿を消

すこととなりました。

 

今大会で侍ジャパンは7試合を戦ったわけですが、侍ジャパンと戦った対戦チームが翌

日どのような結果だったかを検証してみました。

 

 3月7日 日本 11-6 キューバ ⇒ 3月8日 キューバ 6-0 中国

 3月8日 日本 4-1 オーストラリア   ⇒ 3月9日 オーストラリア   11-0 中国

 3月12日 日本 8-6 オランダ ⇒ 3月13日 オランダ 12-2 イスラエル

 3月14日 日本 8-5 キューバ ⇒ 3月15日 オランダ 14-1 キューバ

 3月22日 アメリカ 2-1 日本 ⇒ 3月23日 アメリカ 8-0 プエルトリコ

 

1次ラウンドでの最終戦の中国、2次ラウンドでの最終戦のイスラエルは翌日に試合が

なかったため、それ以外の5試合は上記のような結果でした。

 

この結果を見ると、偶然かもしれませんが、侍ジャパンと戦った後の試合はオランダに

14-1で敗戦したキューバを除けば大量得点を挙げています。

 

ということは、外国人選手は指に掛かった回転の良い速球が主流の侍ジャパンの投手

打ちあぐんだものの、動く速球が主流の外国人投手は慣れていて打ちやかったのではと

推測してみました。

 

次回のWBCやオリンピックでの投手を選ぶ際には、指に掛かった回転の良い速球を投

げる投手当然大谷投手は含まれるが、メジャーへ移籍していると?)が中心になれば

良いのではと思っています。

※個人的には左腕の先発投手が最低でも1人は必要だと思っています。

 

では、今日はこれにて失礼します。

 
LINEスタンプ「オーマイバー!!」販売中!

侍ジャパン、WBC準決勝の相手が米国に決定!

 

WBCの2次ラウンドE組は3月15日に全日程が終了、侍ジャパン3勝無敗で1位

なり、1次・2次ラウンド全勝で日本時間の3月22日に行なわれる準決勝に進出しまし

た。

 

対戦相手はドミニカ共和国、アメリカ、プエルトリコベネズエラの4チームで争って

いる2次ラウンドF組の2位となります。

 

そして、本日米国が前回優勝のドミニカ共和国を破り2勝1敗でF組2位となり、侍ジ

ャパンの対戦相手となりました。

もう一つの準決勝はE組2位のオランダとF組1位のプエルトリコとなり、勝者同士が

日本時間の3月23日に決勝戦で対戦することになります。

 

侍ジャパンは準決勝の対戦相手が米国に決まったことで、先発投手を誰にするのでしょ

うか。

うわさでは野投手か千賀投手ということですが、 私としては負けたら終わりのトーナ

メントのため決勝用に4~5人を温存させ、調子の良い投手を注ぎ込んでとにかく勝ち

にこだわって欲しいと思っています。

 

個人的には選球眼の良くない外国人選手には荒れ球の藤波投手が通用するのではないか

と思って入るのですが、ぜひ侍ジャパンの「隠し玉(球)」として起用するのも面白い

のではないでしょうか。

           f:id:sugisugitan:20161003221249p:plain

 

では、今日はこれにて失礼します。

 
LINEスタンプ「オーマイバー!!」販売中!

侍ジャパン、WBC2次ラウンド唯一の2勝!

 

昨日、WBCの2次ラウンドの2戦目となるキューバ戦が行なわれ、侍ジャパンがシー

ソーゲームを制し、2勝目を挙げました。

 

その試合のスコアは以下の通りです。

  キューバ  0 2 0 2 0 1  0 0 0 5

  日  本  1 0 1 0 2 1  0 3 X  8

 

侍ジャパン山田選手の先頭打者本塁打で先攻、2回に先発菅野投手が逆転2ランを喫

しましたが、3回に筒香選手のタイムリーで一旦は2-2の同点となりました。

4回に2死満塁から菅野投手が2点タイムリーを打たれ、2-4とリードされると、5回

筒香選手の2本目のタイムリーなどで2点を挙げ、再び同点に追いつきました。

しかし、6回に1点を取られ、3度目のリードを許すものの、その裏に小林選手の同点

イムリで三度追いつくという、まさにシーソーゲームとなりました。

そして、この試合を決めたのはキューバのエラーからでした。エラーで出塁した松田選

手に続いて秋山選手のヒットで1死1・3塁となり、続く今大会のラッキーボーイと言

われている小林選手の打順で代打として内川選手を起用、右邪(ファールフライ)犠飛

で勝ち越し山田選手が2本目の2点本塁打で3点の勝ち越しとなりました。

最後は牧田投手が3人で抑え、2勝目を挙げるという試合でした。

 

ただ、2勝してもまだ決勝ラウンドの進出が決まっているわけではありません。

今日、オランダがキューバに勝ち、侍ジャパンイスラエルに負けて3チームが2勝1

敗となると、失点率等によって3チームの順位が決まることになっています。

マスコミ情報によれば、侍ジャパンイスラエルに負けたとしても4失点以内なら1位

通過となり、5失点以上(9回で終了の場合)だとオランダが1位通過、侍ジャパン

イスラエルのプレイオフで2位通過が決まるようです。

 

ということは、イスラエルは打ち勝つことを考えていると思いますので、侍ジャパン

投手陣の踏ん張りが重要となります。

2次ラウンドの2試合は6失点、5失点とやや打たれていますので、先発の千賀投手や

2番手と予想される藤波投手or武田投手に期待し、4失点以内で負けるのではなく、勝

って3勝で決勝ラウンドへ進出してほしいと願っています。

 

では、今日はこれにて失礼します。

 
LINEスタンプ「オーマイバー!!」販売中!

侍ジャパン、WBC2次ラウンド初戦を制す!

 

昨日、WBCの2次ラウンドの初戦となるオランダ戦が行なわれ、侍ジャパンが4時間

46分の死闘を制しました

 

そのの試合のスコアは以下の通りです。

  日  本  0 1 4 0 1 0  0 0 0  0 2  8

  オランダ  0 1 4 0 0 0  0 0 1  0 0  6

 

先攻の侍ジャパンは3度も追いつかれましたが、一度もリードを許すことがなく、延長

11回からのタイブレク(無死一、二塁)で、鈴木選手の送りバンドの後、中田選手のタイ

ムリーで2点リードしてそのまま逃げ切りました。

中田選手は3ランと決勝2点タイムリー決勝打の5打点という活躍でした。

 

 両チームとも先発投手が3イニングで降板するという予想外の展開となり、侍ジャパン

は9人、オランダは7人の投手をつぎ込むことになりましたが、今日も試合のあるオラ

ダは投手のやりくりが大変ではないかと思ってしまいます。

 

2次ラウンドも3試合のため、初戦を勝利したことは非常に有利とはいえ、決勝ラウン

ドは2勝しても行ける保証はなく、1勝でも行ける可能性はありますが、ぜひ3戦全勝

で決勝ラウンドへ進んでほしいと願っています。

 

そこで、これまでの個々の選手の活躍から明日以降のスタメンを考えてみました。

以前もスタメンを考えましたが、今回も私自身の希望するスタメンとなっています。

      私 案          予 想

   1 (遊)坂本        (指)山田

   2 (二)菊池        (二)菊池

   3 (右)青木        (右)青木 

   4 (左)筒香        (左)筒香

   5 (一)中田        (一)中田 

   6 (指)山田        (遊)坂本

   7 (三)松田        (三)松田

   8 (捕)小林        (中)秋山

   9 (中)秋山        (捕)小林

個人的な私案では、チャンスメーカーとなっている坂本選手を1番に起用し、小林選手

で途切れた時には秋山選手が1番の役割となるような打順としました。

 

どのようなスタメンになるかは別として、今日のイスラエル-オランダ戦でイスラエル

が勝利した場合、明日のキューバ戦に勝利すればイスラエル侍ジャパンが2勝となっ

て決勝ラウンドに進めるため、2勝1敗の三つ巴にならないためにも今日はイスラエル

が勝つことを期待しています。

 

では、今日はこれにて失礼します。

 
LINEスタンプ「オーマイバー!!」販売中!

侍ジャパン、WBC2次ラウンド進出

昨日、侍ジャパンは中国に7-1で勝利し、1次ラウンドを3勝無敗で通過し、明日から

2次ラウンドが始まります。

 

侍ジャパンはE組となり、1次ラウンドA組の1位のイスラエル、2位のオランダ

そして1次ラウンドB組で2位となったキューバと同組になりました。

尚、侍ジャパンの2次ラウンドの日程は以下の通りです。

 ●3月12日 オランダ戦 (19:00~)

 ●3月14日 キューバ戦 (19:00~)

 ●3月15日 イスラエル戦 (19:00~)

 

先発は、オランダ戦が石川投手キューバ戦が野投イスラエル戦が武田投の予

想ですが、イスラエル戦は藤波投手or則本投手かもしれません。

 

2次ラウンドでは投手の球数制限は80球となりますので、先発投手は5~6回までは投

げることが出来ます。(当然、打たれなければという前提です。)

となると、その後を引き継ぎ、抑えまでの2~3投手の起用が非常に重要となります。

 

そこで、1次ラウンドの調子から考えると、キーマンとなるのは千賀投手ではないでし

ょうか。

中継ぎになるのか、抑えになるのかは小久保監督次第でしょうが、大会ルールでは「

数に関わらず連投した場合は、登板間隔を中1日空ける」ことになっていますので、3

月12日に登板しても3月14日は中1日となり登板可能、そして3月15日も登板できます

ので、試合展開次第では3戦とも1イニング限定(30球以上投げた場合は中1日空けな

ければいけないので)で登板して、得意のフォークボールで抑えてほしいというのが私

の希望です。

 

では、今日はこれにて失礼します。

 
LINEスタンプ「オーマイバー!!」販売中!

WBC1次ラウンドB組開幕

 

昨日、WBCの1次ラウンドB組が開幕し、日本(侍ジャパン)の初戦である

キューバが行なわれ、日本が11-6で勝利を収めました。

 

前回、私は希望するスタメンとして、以下のようにA案とB案を考えました。

      A 案          B 案

   1 (中)青木        (中)青木

   2 (二)菊池        (二)菊池

   3 (遊)坂本        (遊)坂本 

   4 (指)筒香        (左)筒香

   5 (三)山田        (三)山田 

   6 (一)中田        (一)中田

   7 (右)鈴木        (指)内川

   8 (捕)大野or小林    (捕)大野or小林

   9 (左)秋山        (右)秋山

 

そして、実際のスタメンは以下の通りでした。

   1 (指)山田  →ハズレ     

   2 (二)菊池  →アタリ        

   3 (中)青木  →ハズレ        

   4 (左)筒香  →B案アタリ        

   5 (一)中田  →ハズレ         

   6 (遊)坂本  →ハズレ        

   7 (右)鈴木  →A案アタリ        

   8 (三)松田  →ハズレ    

   9 (捕)小林  →ハズレ   

 

私の希望と一致していたのは誰でも予想できる菊池選手、筒香選手、鈴木選手の3選手

でした。

ただ、昨日の戦いのみでみれば、初回に突破口を開いた青木選手は1番、打って走れる

坂本選手は3番、幻の本塁打(判定は二塁打)を放った長打力のある山田選手は5番、

やはり好・不調のある中田選手は6番が良かったのでは?と言い訳をしておきます。

 

では、今日の2戦目のスタメンはどうなるのでしょうか。

私の予想では、1~6番は初戦と変わらず、7番に松田選手が上がり、8番が鈴木選手

か秋山選手と考えています。

 

スタメンがどうなるのかは別として、1次ラウンドは3試合なので3勝すれば間違いな

く2次ラウンドに進出できますが、3チームが2勝1敗で並ぶ可能性がありますので、

日と明後日の2戦も確実に勝利して2次ラウンド進出を決めてほしいものです。

 

では、今日はこれにて失礼します。

 
LINEスタンプ「オーマイバー!!」販売中!

WBCのスタメンは?

 

WBCの侍ジャパンの初戦(キューバ戦)が3月7日から始まりますので、今日はLI

NEスタンプの紹介ではなく、スタメンを考えて見たいと思います。

尚、あくまで私個人の希望であり、当日のスタメン予想ではありません。

 

ということで、以下のスタメンを希望しています。

      A 案          B 案

   1 (中)青木        (中)青木

   2 (二)菊池        (二)菊池

   3 (遊)坂本        (遊)坂本 

   4 (指)筒香        (左)筒香

   5 (三)山田        (三)山田 

   6 (一)中田        (一)中田

   7 (右)鈴木        (指)内川

   8 (捕)大野or小林    (捕)大野or小林

   9 (左)秋山        (右)秋山

 

A案・B案ともに好・不調の波がある中田選手を6番に置き、チャンスの場面でランナ

ーを返す役割が良いのではないかと考えました。

そして8番に捕手9番に秋山選手を置いて1番に繋げる打順としました。

 

また、A案では筒香選手を指名打者として4番に専念することと、外野の守備を万全に

する案にしました。

 

B案内川選手のケガの状況にもよりますが、打って走れるのであれば、指名打者とし

て7番に置き、6番の中田選手とともにランナーを返す役割を期待する案としました。

 

A案・B案ともに可能性は低いかもしれませんが、どのようなスタメンになっても今回

は大量得点は望めそうにないので、効率の良い攻めで点を取って逃げ切ってほしいと思

います。

 

では、今日はこれにて失礼します。

 
LINEスタンプ「オーマイバー!!」販売中!